不動産業務総合支援サイト > お客さま活用事例

お客さま活用事例

クレジットカード決済サービス
(株)フロンティア<香川県観音寺市> 三谷 洋介 氏

店頭、ホームページ、ポータルサイトで「クレジットカードで決済OK!」とアピール。集客ツールとしても活用。

  • at home TIME 2017年10月号より抜粋。

決算手段の拡充で顧客満足度アップへ

  • 香川県の西端、観音寺市。商業施設や住宅が集まる郊外のエリアに所在する当社は、昭和35年1月に設立し、賃貸仲介・賃貸管理を展開しています。単身者やファミリー、ご結婚で新居を探しているカップルのお客さまなどが来店されます。
    当社では、全ての物件で敷金をお預かりしないスタイルに変更し、従来よりも少ない初期費用で賃貸住宅をご提供できるようにしました。さらに入居の後押しになるよう、平成28年7月に「クレジットカード決済サービス」を導入。入金サイクルは、月2回の通常サイクルと月4回の早期サイクルの2つが用意されていましたが、当社では経理スタッフの事務負担を分散させるため、早期サイクルを選択しました。入金の早さも魅力的ですね。
    現在、初期費用や更新事務手数料のお支払いなどにクレジットカードをご利用いただいており、月に10件程度の決済があります。近年、さまざまな決済手段ができてきていますが、賃貸住宅の分野においてもこのような流れに対応することで利便性が向上し、お客さまの満足度アップにつながると考えています。

クレジットカード決済に魅力を感じるお客さまは多い

  • お客さまからは、「クレジットカードのポイントが貯まるのでうれしいです」「高額の現金を用意する必要がないので手間が軽減しました」と好評です。当社としても、現金で初期費用をご入金いただく場合は遅くとも入居当日までとしていますが、クレジットカード決済であれば早い段階で決済を促すことができるので、メリットを感じています。
    お客さまにとっても、当社にとってもメリットが多いクレジットカード決済をさらに周知したいと考え、店頭にスタッフ特製のポップを貼ったり、自社ホームページで特設ページを作成したりするなどアピールに力を入れています。不動産情報サイト アットホームなどのポータルサイトでも、「初期費用カード決済可能になりました!」と記載するようにしました。今後、「クレジットカード決済サービス」を顧客満足度アップのためだけではなく、さまざまな媒体でよりアピールすることで集客ツールとしても活用していきたいです。また、現在クレジットカードの取扱いブランドをVISAとMastercardに限定していますが、それ以外のブランドについても状況を見ながら拡大を検討していきます。

  • (左)店頭ポップ(右)自社ホームページ

    (写真左)スタッフが作成したオリジナルの店頭ポップ。目立つよう接客スペースに飾っている。(写真右)同社ホームページ。「クレジットカード使えます」という大きなバナーを掲載

他店と差異化!顧客満足度を高め、成約機会を拡大できます。

  • 入居者や賃貸物件オーナーさまに、初期費用や毎月の家賃、リフォーム費用などの支払いをクレジットカードで決済していただけます。クレジット決済によるポイントの獲得や振込手数料の負担減などのメリットで、顧客満足度アップが期待できます。
    *中国銀聯は端末決済のみ対応しています。

    詳しくはこちら

PageTop