不動産業務総合支援サイト > お客さま活用事例

お客さま活用事例

ファクトシート(図面)
港興産梶ラ。浜市中区> 代表取締役 石川 熙忠 氏

創業時、情報のやり取りが少なかった不動産業界…。
いち早く物件をアピールするため、「図面配布システム」
(現在の「ファクトシート・リスティング・サービス」)を活用。

  • at home TIME 2018年1月号より抜粋。

新規取引先開拓、早期成約…など「ファクトシート(図面)」の効果はさまざま

  • たくさんの飲食店が集まり、近年テレビの取材などでも注目の場所として取り上げられることが多い横浜市中区の野毛エリア。 当社はその中心に所在し、店舗など賃貸事業用の賃貸管理や仲介をメインに展開しております。 周辺には賃貸事業用を取り扱う不動産会社が多く、当社にも開業を考えている若いお客さまが多くお越しになります。
    当社は昭和38年4月に設立しました。当時は、不動産会社間の情報流通システムなどはなく、不動産業界はバラバラ。 付合いのある不動産会社以外とは情報のやり取りがほとんどありませんでした。お客さまはひたすら歩いて不動産会社をめぐり物件を探し、 不動産会社は物件を管理している会社へ行き住所などをその場でメモするなど取引に時間がかかることも多かったです。
    そんな時に、物件図面をアットホームに預けると他の不動産会社に配布してくれる「図面配布システム」(現在の「ファクトシート・リスティング・サービス」)がスタート。 今まで付合いがなかった不動産会社にもアプローチすることができ、物件の成約スピードが格段に上がり、契約数も増えました。 不動産会社といえば自社物件を保有するのが当たり前でしたが、この時から管理物件を持たない会社が新しく起業し、不動産仲介を行うようになったと感じます。

「ファクトシート」のチェックで物件を発見!

  • 当社では、今でも「ファクトシート」を購読しており、3日に一度届くのを楽しみにしています。インターネットが普及し物件の検索はとても便利になっていますが、 紙媒体で届く「ファクトシート」を眺めていると、パソコンやスマートフォンの画面を見ているだけでは気付かなかった良い物件を思いがけず見つけることも多いからです。 お客さまに物件をご紹介する際に取り出しやすくするため、地域や価格、種目別に仕分けをするのも日々の業務の一環です。 また、アットホームの営業担当の方とのやり取りも「ファクトシート」を購読し続ける理由の一つです。偶然道で会ってもあいさつをしてくれるなど、どの営業担当の方も私の顔を覚えてくれるので親しみが湧きますね。
    今後も、3日に一度の配布日を楽しみにしながら、「ファクトシート」を通じてアットホーム不動産情報ネットワークに加盟している全国の皆さんとつながることができるというメリットを当社の業務に生かしていきたいです。

  • ファクトシート(図面)

    (写真左)最新の物件情報が詰まった「ファクトシート(図面)」は3日に一度お届け。(写真右)「ファクトシート」の表紙には、不動産業界のニュースや営業担当の似顔絵などが掲載されている

物件の魅力がしっかり伝わるシートを、3日に一度不動産会社さまへ直接お届けします。

  • 仲介会社さまへ直接お届け。貴店の成約機会を広げます。

    ◎お預かりして最短3日目からご指定のエリアに配布!

    ◎さまざまな媒体に情報を公開可能!
      ・ATBB(不動産業務総合支援サイト)へ
       ファクトシート(図面)付きで公開
      ・不動産情報サイト アットホームや提携・公開サイトへ公開

    詳しくはこちら

PageTop