不動産業務総合支援サイト > アットホームサービス一覧 >不動産業務IT支援サービス

不動産業務IT支援サービス

オンラインでの重説“IT重説”が行えます

『不動産業務IT支援サービス』とは、貴店の接客業務をIT化することで効率アップを図るサービスです。インターネットにつながったパソコンとカメラ・マイクを利用することで、エンドユーザーに来店していただかなくても“重説”“接客”“内覧”が行えます。スマートフォン・タブレットにも対応。さまざまな状況のお客さまに合わせた柔軟な対応が可能となり、成約チャンスの拡大につながります。

●これだけあれば大丈夫!実施にあたって必要な機材・環境

    実施にあたって必要な機材・環境

不動産業務IT支援サービス 紹介ムービー

動画を見る

IT重説 資料ダウンロード

ポイント3国土交通省のマニュアルに準じたITを活用した重説が可能

重説書面を同時に表示できるワイプ画面対応。2名以上のログインで自動録画・録音されますので、作業ミスによるマニュアルの要件モレなどを
回避できます。※2017年10月より、国土交通省のIT重説に関する規定の要件を満たす全ての宅建事業者・取引士が「賃貸取引」に限り、IT重説の
実施が可能になりました。

重説書面を同時に表示できるワイプ画面対応

ポイント1エンドユーザーの表情を見ながら、パソコン画面も共有し物件紹介

貴店取扱い物件を画面などでエンドユーザーに紹介。遠方にいて来店できない方にもカウンター接客と同じように接客できます。

貴店取扱い物件を画面などでエンドユーザーに紹介

ポイント2臨場感溢れる『生中継』や物件動画での内覧が可能

現地にいるスタッフが『生中継』して、物件や近隣の情報を紹介できます。また、録画してある物件動画での説明も可能です。
※別途Web接客サービスのお申込みが必要です。

現地にいるスタッフが『生中継』して、物件や近隣の情報を紹介できます

IT重説のさらに詳しい内容についてはこちらから資料をダウンロードできます

PageTop